淀川区十三の歯医者(一般歯科,矯正歯科,小児歯科)とよた歯科矯正歯科

淀川区十三の歯医者(一般歯科,矯正歯科,小児歯科)とよた歯科矯正歯科

タップで電話

電話番号:0120-38-4618

携帯電話からは06-6308-5177

ホワイトニング

ホワイトニングの種類

着色した歯を白い歯へ

ホワイトニング専用の薬剤を歯の表面に作用させて、歯を白くする技術です。診療室で集中的に短時間で行うオフィスホワイトニングと、家庭で行うホームホワイトニングの二種類があります。

当院ではオフィスホワイトニングを主として行い、補助的にホームホワイトニングをお勧めしています。

ホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯に専用のジェルを塗り特殊な光を当てることで歯の着色を分解し歯を白くする治療法です。

メリット

オフィスホワイトニングは高濃度のホワイトニング剤を使用するので、ホワイトニングを行ったその日に歯の白さを実感することができます。すぐに歯を白くしたい人や自分ひとりではなかなかケアをしない人にオススメです。

デメリット

オフィスホワイトニングの大きなデメリットとして持続性の低さがあげられます。ホームホワイトニングがその性質から持続性が1~2年とされているのに対してオフィスホワイトニングは3~6か月程だとされています。

ホームホワイトニング

歯型を取りマウストレーを作成し、専用ジェルをマウストレーにセットし1日1回1~2時間歯に装着し、歯を白くする治療法です。

メリット

ホームホワイトニングは歯型を取りマウストレーを制作する時と専用ジェルを入手する以外は自宅でできます。

デメリット

ホームホワイトニングで使用されるジェルは濃度が低いこともあり、白くなるのに長期間治療が必要です。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するホワイトニングです。互いのデメリットを補い合うので、即効性も感じられますし、持続性もあります。

ウォーキングブリーチ

神経が死んでしまった歯は通常のホワイトニングではあまり効果がなく歯を白くすることが困難です。そのような歯を白く治療するのにウォーキングブリーチを使用します。 ウォーキングブリーチは歯の神経を取った後に歯の中を白くする薬剤をいれ変色した歯を白くする治療法です。

ホワイトニング症例

  • 診療前
    参考画像

  • 診療後
    参考画像
  • 診療前
    参考画像

  • 診療後
    参考画像
料金表はこちら
最新医療機器

▲ ページトップへ