淀川区十三の歯医者(一般歯科,矯正歯科,小児歯科)とよた歯科矯正歯科

淀川区十三の歯医者(一般歯科,矯正歯科,小児歯科)とよた歯科矯正歯科

タップで電話

電話番号:0120-38-4618

携帯電話からは06-6308-5177

インビザライン

歯並びについて こんなお悩みありませんか?
悩む女性
そのお悩み、とよた歯科矯正歯科にお任せください
とよた歯科矯正歯科ならインビザライン・ホワイトニング・インプラントなど目的に合ったさまざまな施術で審美歯科と歯の健康へ総合的にアプローチできます!

なかでも歯列矯正にオススメなのがインビザライン
透明なマウスピースを用いた矯正装置です。
周囲に気付かれず、笑顔で歯を矯正できます。
また、とよた歯科矯正歯科はiTeroという口腔内スキャナーを導入しています。

インビザライン

従来のブラケット矯正との比較

iTeroとは…

矯正治療の負担が少なく正確で、かかる時間も短い、最新の3Dスキャナーです。
より快適にインビザライン治療を受けていただけます。

iTeroiTero

現在の歯列と矯正治療後のイメージ画像を比較でき、歯並びがどうなるかを視覚的に確認することも可能です。

iTero

インビザライン用の歯型は通常、「シリコン印象」という印象材で数分間かけてとりますが、当院ではこのiTeroでお口の中のデータを取得するため、短時間で快適に歯型をとることができます。
そのため、患者様の身体にかかる負担が少なくて済みます。

また、シリコン印象材の場合は採取した歯型をアメリカまで空輸する必要があるため、マウスピースの製作に時間がかかりました。
当院ではiTeroで取得したデータをインターネットで送ることができるので、
通常より早く治療をスタートすることができます。

とよた歯科矯正歯科なら、確かな技術と最新機器で、
少しでも早く、お口の悩みを解決したいあなたの思いにおこたえします!

無料シミュレーション

iTeroなら治療後どうなるかをイメージしやすいシミュレーションを行うこともできます。
所要時間は10分~20分程度と短く、その場で3Dイメージを動かしながら確認することができます。
まずは、とよた歯科矯正歯科へお気軽にお問い合わせください!

目立たない矯正治療で美しい歯を手に入れる

インビザラインとは

インビザラインとは、目立たない透明なマウスピース矯正装置です。その特徴の一つとして、ワイヤーやブラケットを歯に固定させる従来の矯正とは異なり、いつでも取り外し可能であり、矯正中も食事や歯の手入れが十分にできる矯正治療として知られています。
多くの人と接する社会人や学生、人前に立つ場面の多い方、人生の大切なイベントを控えた方など、矯正治療の過程において見た目に抵抗がある方々へインビザラインは選ばれています。
また、お子さまの矯正にもご利用いただけますので、ぜひご相談ください。

インビザライン

インビザラインの特長

  • 矯正中と周囲に気づかれにくい

    インビザライン治療では、治療を始めて1か月目から、成果が現れる場合があります。しかも、インビザライン・アライナ―は目立ちにくいため、歯列矯正中であることを周囲にほとんど気づかれずに装着可能です。

  • 清潔かつ快適

    インビザラインはかんたんに取り外しができます。食事のときに取り外して好きな物を食べ、今まで通り歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスを使って歯磨きができるのは他の矯正装置には無いメリットです。インビザラインのマウスピースは流水で汚れを落とし、専用の洗浄剤で殺菌できるので、衛生面も安心です。

  • 歯にやさしく痛みが少ない

    インビザラインのマウスピースの厚みは0.5mm程度と薄いため、装着時の違和感を抑えることができます。また、3Dシミュレーションシステムで割り出した治療計画により1つのマウスピースで動かす歯の距離も小さく設計されているため、ワイヤーを定期的に調整する矯正治療よりも歯への負荷が軽くなり痛みを軽減させることができます。

  • 治療期間が正確に予測できる

    治療前に独自の3Dシュミレーションシステムを用いて、治療開始から終了までの歯の動きを確認することが可能であるため、安心して計画的な治療に踏み切ることができます。

  • 金属アレルギーの方でも安心

    インビザラインはプラスチック素材を用いています。 金属アレルギーで矯正治療を断念した方も、安心して治療を受けて頂くことができます。

インビザライン治療の流れ

  1. ご相談

    ご相談

    インビザライン矯正の相談を行っております。歯並びを拝見させていただき、治療期間や費用などの目安についてご説明いたします。疑問や不安に思われることは何でもご質問ください

  2. 検査

    検査

    ご相談後の初診時には、治療計画を作成するために、担当医が写真・レントゲンおよびデジタルスキャンまたは歯牙の印象をとります

  3. 治療計画

    治療計画

    レントゲンや歯のデジタルスキャンなどの検査結果をもとに3Dシュミレーションシステムで、治療開始から完了までのシミュレーションを行います。このシュミレーションでは自分の歯が治療の過程でどのように動いていくのかを、3Dアニメーション画像でご確認いただきます。治療計画では治療終了までの矯正の期間も確認できます。データはその後、患者さん一人ひとりに合わせたマウスピースを作製されるために用いられます。治療中に必要な全てのマウスピースがパッケージ化され、箱に詰められて日本に送られてきます。

  4. 治療開始

    治療開始

    個人差はありますが、医者の指示によりマウスピースを2週間おきにつけ替えていきます。治療期間は平均2~3年程度です。 マウスピースは取り外し可能ですが、飲食や歯磨き以外は装着するようにしましょう。

  5. 治療終了

    治療終了後

    矯正が済んでも舌の癖などが原因で元の状態に戻ってしまうことがあります。歯並びを安定させるため保定装置(リテーナー)をつけます。1ヶ月~3ヶ月に一度通院していただき、歯の状態をチェックします。

インビザラインの治療

  • 診療前
    治療前

  • 診療後
    治療後
  • 診療前
    治療前

  • 診療後
    治療後
  • 診療前
    治療前

  • 診療後
    治療後

引用元:グローバルインビザラインギャラリー

▲ ページトップへ