淀川区十三の歯医者(一般歯科,矯正歯科,小児歯科)とよた歯科矯正歯科

淀川区十三の歯医者(一般歯科,矯正歯科,小児歯科)とよた歯科矯正歯科

タップで電話

電話番号:0120-38-4618

携帯電話からは06-6308-5177

矯正歯科

歯並びは身体に様々な影響を及ぼします

歯への影響

歯並びが悪いと歯と歯の隙間や歯と歯茎の隙間に歯垢が溜まりやすく、また歯ブラシも届きづらくなりその結果、虫歯や歯周病の原因となりそれが悪化すると最悪歯を抜かなければならなくなる可能性があります。

発音への影響

歯は発音と密接に関係しており、歯と歯の隙間が大きいと発音が困難な場合が多々あります。例えば日本語のサ行やタ行はそれに当たり、滑舌が悪く見られたりしてしまうこともあります。

噛むことへの影響

歯並びが悪いと食物を噛むということが上手く出来ない場合が多く必然的に噛む回数も減っていきます。 噛む回数が減ると消化を助ける唾液の分泌が少なくなり、胃や腸などの消化器官への負担が大きくなり痛めてしまいます。 同時に唾液は虫歯の予防にも一役買っているのでこれが少ないということは虫歯へのリスクの高まりも表しています。

  • 叢生
    参考画像
  • 上顎前突
    参考画像
  • 下顎前突
    参考画像
  • 空隙歯列
    参考画像

顎への影響

噛むときの力が均等に分散されないので顎への負担が大きくなり口の開閉がスムースにいかない、口をあけるとカクカク鳴る、噛んだ時に顎の関節や筋肉が痛むなどといった「顎関節症」が引き起こされる恐れがあります。

体への影響

歯並びの悪さは体全体のバランスに影響し、頭痛、腰痛、肩こり、めまいなどの原因になります。

患者様のことを第一に考えた提案

大切なことはなにか?

歯科矯正によるメリット、デメリットを説明させて頂き、納得頂いた上で治療に入らせて頂きます。
とよた歯科矯正歯科はその名の通り矯正歯科を得意としております。長年歯と向き合ってきた私たちだからこそ短期的なビジョンではなく生涯共にある歯のあり方を深く考え抜き、 必ず患者様の人生のプラスとなる矯正治療をご提案させていただくことが可能です。歯並びは歯だけでなく、健康、見た目、性格にも直接的、または間接的に深く関係してきます。
どうか信頼のおける歯科医の元で安心できる治療を受けてください。

唇側矯正

一般的な矯正方法で、歯の表面に『マルチブラケット装置』という矯正装置を取りつけ、 メタルなどのワイヤーを通して固定させることで、歯を引っ張っていきます。ブラケット装置の役割は、歯にワイヤーの力を均一に与えるためのもの。 ワイヤーが外れてしまっては治療効果があがりませんので、ブラケットからワイヤーが外れないように、ゴムなどでしっかり固定させていきます。

メリット

矯正の歴史の中で一番長く多く選択され続けている矯正方法なので症例や装置の種類が豊富にあり、患者様の肉体的にも金銭的にも負担の少ない矯正法です。また、ほとんどすべての不整合へ対応することができるのも大きなメリットです。

デメリット

矯正器具の選定にもよりますが、歯の表側に器具を固定するため、矯正期間中は矯正装置が目立ってしまうこともあります。 (クリアーな材質のものを選択すると多少目立ちにくくなります)また、矯正期間中は矯正器具によって歯ブラシが届きにくくなる箇所がでてきますので丁寧に歯磨きをしないとむし歯になりやすくなります。

舌側矯正(裏側矯正)

従来、歯の表側に矯正装置を付けて矯正するのが歯科矯正ですが、舌側矯正は歯の裏側に矯正装置を付けて矯正する方法です。STb、クリッピーL。インコグニートなどの様々な種類があります。

メリット

歯の裏面に矯正装置を取り付けるので目立ちにくく矯正期間中も矯正していることを周りに気づかれにくいです。また、目立ちにくい他の矯正方法(マウスピース矯正)などに比べて対応できる症例も比較的多いです。

デメリット

歯の裏側に装置を取り付けるので舌に違和感を感じ、発音がしにくくなることがあります。また通常の矯正に比べ、費用が高くなり治療期間も長くなる傾向があります。

マウスピース矯正

ブラケットやワイヤーなどの矯正装置を使わず、「アライナー」という透明なマウスピース型の矯正装置を口の中に装着し、歯並びを矯正していく方法です。1日20時間以上の装着でゆっくりと歯列を矯正していきます。マウスピースは2週間ほどで新しいものに交換していきます。

メリット

ブラケットやワイヤーなどの矯正装置を取り付けているわけではないので外してしまえば矯正していることに気づかれることはありません。また、口の中の違和感も少なく、矯正装置取り付けによっておこりやすくなるむし歯の心配ありません。

デメリット

装着時間も1日で18時間から20時間と長く、根気を必要とします。また、その性質上歯を抜かなくて済むような比較的簡単な矯正にしか向かないというデメリットもあります。先行して他矯正を行い途中でこちらに切り替えるといった治療法もあります。

スピード矯正(PAOO)

スピード矯正-PAOOとは歯周外科処置を併用することで矯正治療の治療期間を大幅に短縮する治療方法です。本格矯正(矯正装置を付けてから)に入ってから通常2~3年かかる治療期間をおよそ半分程度に短縮する矯正方法です。

メリット

PAOOは歯のまわりの骨(歯槽骨)の量を回復させる効果があるため、歯周組織に問題のある方に対してより安全に治療を行うことができます。また、治療後は歯槽骨の硬さが増すため後戻りも起こりにくいと考えられています。

デメリット

通常よりも短い1~2週間に1回くらいの間隔で通院いただく必要があり、かみ合わせの種類や歯と歯周組織の状態によってはPAOOを適用できない場合があります。また、矯正治療費とは別に歯周外科処置の費用が必要となります

矯正歯科症例

下顎前突

  • 診療前
    参考画像

  • 診療後
    参考画像

叢生

  • 診療前
    参考画像

  • 診療後
    参考画像
  • 診療前
    参考画像

  • 診療後
    参考画像
  • 診療前
    参考画像

  • 診療後
    参考画像

空隙歯列症例

  • 診療前
    参考画像

  • 診療後
    参考画像
  • 診療前
    参考画像

  • 診療後
    参考画像

上顎前突症例

  • 診療前
    参考画像

  • 診療後
    参考画像
料金表はこちら
最新医療機器

▲ ページトップへ